スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

8月4日セラサポ祭りの感想①

オープンカウンセリング


8月4日(日)に、2013年度セラサポ祭りの第二回目が行なわれました!!


この日の最初の講座は、
二子渉さん「オープンカウンセリングセミナー」


この講座は、二子さんのカウンセリングを実際に見せていただき、カウンセリングのコツなどをおしえていただく講座でした。



参加者の中から2名、カウンセリングを受けて、それを聞いていたのですが
すごく自然な会話の流れで、ホント無駄がないんですよね。。。


二子さんのカウンセリングは

「カウンセリングしてる感」を感じさせない。

さすがです。




自然に会話を聞いて、自然に注目するべき点を拾って、そこから色々引き出して、クライアントさんに答えを見つけさせてあげる感じ。


クライアントさんが感じている感情に注目をして
(怒り・悲しみ・喜び・苦しみ・葛藤など)

自然な流れで改善策を提案していき、どうすればいいのかを探っていってたかなぁと思います。



すごくしっかりカウンセリングしてるのに、普通に会話を楽しんでいるようにも見えて、何だか不思議な感覚でした。





”この人はきっとこういう状況になっているのだろう。だから○○してみたら良いのではないか”
という仮説を立てて

「ここをこうしてみたらどう?」など提案していき、クライアントさん自身が自分自身の状況に気付き、答えを引き出していて

なんだかテコ入れみたいだなぁと思いながら、お話しを聞いていました。


カウンセラーって、クライアントさんを元気にしてあげる職業みたいに思っていましたが
クライアントさんが答えに気付くためのヒントを出す役割なのかなって感じました(^^)
セッションと似てますね~。



セッション中に、自分が感情に支配されて冷静を保てなくなったらどうすればいいか
という質問が出たのですが、


自分の感情を客観的に観察できるようになれば、感情に支配されにくくなるそうです。


自分(カウンセラー側)が怒りなどを感じた時

「あ、自分怒ってるなぁ」
と、客観的に自分を観察しつつ、カウンセリングが出来るようになると
自分の感情に任せて発言をしてしまうということもなくなるのだそうです。




それから、私は

「何度も何度も同じところをグルグルしていて、何を言っても改善せず、不安や悲しみを訴え続ける人にはどう対応すればよいのか」という質問をしたのですが

そういった場合は、不安な気持ちをしっかりと支えてあげる土台作りに専念するのだとか。
そこがしっかりできて、カウンセラーとクライアントの信頼関係がしっかり築けると、少しずつ改善に向かうのだそうです。

なるほど~。




そして、感動したのがクライアント役の方々の変わりっぷり。

カウンセリング後、お二人ともさらにキラキラしていて、素敵度が増してました!!




話しをしただけなのに、はっきりと変化がわかるって不思議ですね(^^)



二子さん、素晴らしい時間をありがとうございました!!




セラサポ7期サポートスタッフ 西谷舞李子
スポンサーサイト


説明会 | 【2013-08-18(Sun) 00:15:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 現実を動かす7ヶ月間グループセッション~セラサポ~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。