スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

キノコにもなりたいけど、ナウシカも捨てがたいw

私自身も「地球のセラピスト」、キノコでいたいと願っているのですが(前回の日記参照ください[m:206])、

それ以上に、キノコ的存在を守り育てる人でいたいし、キノコの果たす重要な役割を啓蒙してまわる人でもありたいです。

やっぱ、私はナウシカになりたいのかも[m:66]

菌類の森「腐海」が大地の浄化をしているんだ、と気づき、その大切さを訴える人、ナウシカに。




もう役割を終えたものを引き受け、浄化し、再生して新たな生命エネルギーに転換していく存在に対する深いリスペクトが私の中にあります。

ネガティブだと思われやすいもの

取るに足りないと思われやすいもの

目を背けられがちなもの

忌み嫌われやすいもの

すべて不必要なものなんてないんだ、良い悪いなんてないんだ、と

それらすべてを等しく抱きしめて受け止めてくれる、

そして浄化と再生へと誘ってくれる。

母なる大地の女神ガイアの使いですよね、キノコや菌類など、分解者って。



多分、ネガティブなものもポジティブなものも、良い悪いなんて無いんだ、どちらかが価値が低いなんてことはないんだ、っていうのを伝えたいんだと思います、私。

光と影と、両方大事なんだ、って。



多分、存在しているのにもかかわらず、なかったものとして扱われるとか、取るに足りないものとして黙殺されるとか、そういうのがとっても嫌いなんです、私。


「死」とか「老い」とか「病」とか「嘆く」とか「悲しむ」とか「憎む」とか「怒り」とか、

そういうものが一段低いものとして扱われている、という違和感があるんです。

必要だから存在しているもののはずなのに。

自然界に存在するものにムダなもの、不要なものなんてないはずなのに。


そこで、キノコ。

「キノコ」を代表とした分解者をキーワードにすると、それらの存在の大切さが見えやすくなった。

循環の重要ポイントなんだ、と。

それらの右肩下がりのエネルギーが滞りなく循環されることで、初めて生命エネルギーが円滑にイキイキと巡る。




とにかく、あるのに無いことにされてしまうのがイヤなのですが。

「望み」とか「希望」とか「志」とか「想い」とか「夢」とか「理想」とか、

そういう"明"や"光"、ポジティブな側面に属するはずのものでも、黙殺されることが多いと感じてます。


ココロの中に、小さな火だねを抱えつつも、

「私になんて何もできない」

と最初っからあきらめている人のなんと多いことか。



私は、火だねを抱いている人に、ふいごで新鮮な空気を吹き込む人でもいたい。

火だねを赤々と燃えあがらせることも手伝いたい。


「望まずにいられないことを、抑えつけないでください。

願わずにいられないのは、そこに何か使命やメッセージがあるから。

魂の青写真に沿っていることだから。」




生命エネルギーは、循環することでイキイキといのちを紡ぐ。

その「始まり」を止めてしまったら、巡るものも巡らない。

願ってください。

夢を描いてください。

理想を語ってください。

チャレンジしてください。

必ずや、叶いますから。

思い描いたとおりではないかもしれませんが、「なぜそれを願わずにいられなかったのか」が腑に落ちるような形で、

必ずや夢は叶いますから。


ということで、第三期「セラサポ講座」受講のお誘い。

一緒に夢をありありと描いて見ませんか?
必ずや、叶いますから。


2009年9月開講予定。

7月と8月に説明会開催予定。

6月から申し込み受け付け予定。

ほぼ第二期(2008年度)と同じ形態を持続すると思われます。
お値段だけ、多少上げることもあるかもしれません。

が、早期申し込み割引制度を設けようと思っております。

興味のある方は早め早めに受講の意志をお知らせくださいね!
スポンサーサイト


私の思い | 【2009-02-13(Fri) 15:12:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 現実を動かす7ヶ月間グループセッション~セラサポ~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。